ホーム > 思い出 > ピンチを察知できるゆうになる

ピンチを察知できるゆうになる

FX取引をはじめたばかりの方が為替相場の重要なところを押さえるにはまず最初にトレードを積んでいく事が重要です。

 

あらかじめピンチを察知できるようになるようになるには、負けをすることも大事です。

 

もちろん、損をするといっても元に戻せないほど重大な間違いをしてはいけません。

 

取り戻せるぐらいの間違いを何回も体験することが、結果的に自らの経験を増やしてくれる。

 

そう考えると最初は少ない額で売買を行いそれで数度取り返しが付くミスをすることをおすすめする。

 

仮に、100万円しか投資する事が出来ない場合、はじめから全て投入して売買すると負けた時今後取り返せない心配があります。

 

それよりは、たとえば資金の1割ずつ分割してトレードを行ない、売買を重ねた方が、着実にミスを対応する手法なども学んでいくはずです。

 

まずはじめに少額で取引する事のメリットは、先ほど書いたように、経験を増やし、失敗を減らす技術を身に付けていく事にありますが合わせて、売買の回数を多くして偶然性を小さくできるという価値もあります。

 

仮定として、1度の売り買いで儲けられる確率が5割だとしよう。

 

同じだけ負けるリスクもあるということになります。

 

勝率50%ということは五分五分の可能性で勝利できる事を言い表しています。

 

だがしかし、全部の資金を使ってただ1回の仕掛けをするということは、勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

それはたんに丁半バクチと同じ。

 

要するに、全ての財産を投入して1度しか売買しないとその分だけ負ける率が大きくなります。

 

だからこそ、投資するお金を1度に全部投じるのではなくいくつかに分けて、投資経験を重ねる事がリスク回避となります。

 

ただし少しずつ分けたとしても、すべての取引で勝利する必要はない。

 

と言うよりは、全て勝つことは出来ないのが実際です。

 

売買で必要なのは、勝ち負けの回数ではなく、いくらプラスに出来るかです。

 

勝率が2分の1でも、或いはそれ以下でも稼ぐ事は出来ます。

 

5割以上負けても損益が少額ならば、わずかな勝ちのプラスの大きさで相当儲けられます。

そのためには、損を少なく、利益を大きくを心がけることです。

 

損益が出たら間髪を入れず損失を確定して、それとは逆に儲けられる時は上手くプラスにする事が外国為替証拠金取引ビギナーが外国為替証拠金取引でプラスになるための神髄です。

 


関連記事

都民共済の基本コース総合保障2型
掛け金2000円で、入院一日5000円通院一日1500円、死亡1000万(交通事...
ピンチを察知できるゆうになる
FX取引をはじめたばかりの方が為替相場の重要なところを押さえるにはまず最初にトレ...