ホーム > 出来事 > 30代後半からの妊活

30代後半からの妊活

結婚が30代半ばと遅かったので、すぐにでも子供が欲しいと思っていましたが、男の人ってそうなりがちかもしれないのですが、主人とはけっこう温度差がありました。

しばらく2人の生活を楽しみたいと思っていたのかもしれません。

私自身あまり知識はなかったのですが、生理不順などもあったので漠然とした危機感があり、検診のつもりで婦人科を受診しました。

そこで先生から、今は特に目立った問題はないけれども、30代半ばになると妊娠率が落ちていくから、早めに考えた方がいい、治療も考えていく年齢だと言われました。

そこで初めて(遅かったのかもしれませんが)、妊娠のタイムリミットという現実を突き付けられとても焦りを感じ、主人にも気持ちを話しました。

それでもまだ本格的な治療ということまでは考えていませんでした。

まだまだ大丈夫、何とかなるという気持ちがどこかにあったのです。

でもその焦りがかえって悪循環となり、受診するごとに排卵周期が乱れを指摘されるようになりました。

結局その後2回転院し、最後の専門クリニックでの治療で授かることができました。

妊娠を考え始めてから2年がかかっていました。

それでも治療期間としては短い方で恵まれていたかもしれませんが、もっと早いうちに考えていれば、という思いはあります。

私たちの世代は特に、事実を知らずに時を過ごしてしまった人が多いと思うので、若い方には早めに正しい知識を持ってもらいたいです。

男性不妊サプリ