ホーム > 注目 > 炭酸パックを自分で作ってみました

炭酸パックを自分で作ってみました

購入するととっても高い炭酸パックですが、自分で作ると本当に安い。炭酸パックを自分で作ってみました。炭酸パックは重曹とクエン酸が反応したパックです。
【材料】グリセリン10g(ドラッグストアで400円くらい)キサンタンガム0.6g(ジェル状にするもの。
ネットで安く購入できます。
)重曹8g(百均ではなくちゃんとしたお店の方が品質が良いです)クエン酸(ネットで買う方が安く購入できます)精製水5mll(ドラッグストアで100円くらい。
コンタクト用の精製水と同じです)【作り方】グリセリン10gとキサンタンガム0.6g混ぜます。
するとジェル状になります。
ここに重曹8gを入れて混ぜます。
重曹を良く混ぜたら精製水5mllを入れます。
よーく混ぜます。
ジェルの完成です。
ここから集中。すぐにあわ立つので手早く混ぜて手早く顔に塗ります。先ほどのジェル状にクエン酸を入れます。
するとすぐに泡立つので、混ぜずにスブーンで切る様に2、3回混ぜます。
これで完成です。
ジェル状なので垂れてきません。
市販の炭酸パックより炭酸の発砲があります。
それにその発砲も市販のものより持続します。
15~20分ほどパックしたらぬるま湯で流します。
こんなに簡単で安く炭酸パックができるので皆にも教えています。

炭酸パックスプレー

関連記事

サロンのセールスで別の商品の購入を勧められる
サロンのセールスで別の商品の購入を勧められる件について、書きたいと思います エス...
炭酸パックを自分で作ってみました
購入するととっても高い炭酸パックですが、自分で作ると本当に安い。炭酸パックを自分...